手書きの良さとは?

当事務所のプレゼン手法として、図面のほかに模型やパースを使用しますが、

図面ならCAD、パースならCGが多くなってきました。

それでも最初のラフ案は手書に拘っています。

その理由として、CADやCGの場合すでにインプットされている

データに頼ってしまったり、CGで再現するのが面倒だったりすると

その表現を迂回する傾向があるからです。

なので、できる限り脳から指先に伝わる信号がダイレクトに表現できる手書きに

拘っています。

この手書き、はじめは所内での検討に使用するただの下書きでしたが、

最近この手書きのプレゼンのウケが良いんです。

現にCGでは良くわからないと仰っていた奥様が

手書きのパースでご理解されたこともありました。

科学的な根拠はありませんが、

先ほどのダイレクト感が伝わりやすいのかもしれません。

今後もこの手書きは表現のトレーニングにもなるので続けていこうと思います。

でも、実は書いていて楽しいというのが一番の理由なんですけどね(笑)